サイトの説明

ARTIST
作家紹介

安藤 昇

ANDO NOBORU

蒲郡市生まれ。1973年障害者支援施設藤花荘(岡崎市)に入所し、1986年に同施設の工芸班(現絵画陶芸班)で作業を始める。図鑑などを見ながら制作する動物をモデルにした塑像を中心に貼り絵も制作。1999年「第一回生のフロール展」をはじめ愛知県内のさまざまなコンクールで受賞。安藤の制作する動物たちはどこか哀愁を漂わせながらもユーモラスで愛嬌のある表情を見せ、生き生きとした存在感で見るものに迫る。
現在は体力低下のため作業の進度が低下し、ゆっくりとした制作活動をしている。

受賞歴 1999年「第1回生の芸術フロール展」をはじめ愛知県内のさまざまなコンクールで受賞。
2009年「境界なきアート展~響きあうココロへ~」(豊川市桜ケ丘ミュージアム)出展。
2012年「MO-YA-COアートプロジェクト」出展。2014年「ボーダレス・アート・コレクション-芸術がほどいてゆく境界-」(高浜市やきものの里かわら美術館)